Kichijoji.pm #20 に参加しました

Spread the love

2019-11-22、六本木はフリークアウト社にてKichijoji.pm #20が開催されました。大変楽しませていただきました。7年目に突入ということで非常にめでたい節目でもあったようです。

なお私は途中からの参加となったのですが、懇親会LTにて「昔作ったソシャゲーの裏側」というタイトルで発表させていただきました。資料はこちら(PDF)

当日の様子についてはHaskell入門の著者であり熟練YAPCレポーターでもある@hiratara氏がまとめてくれています。

個人的に印象に残ったものとして、@818uuuさんの発表を挙げておきます。「人間が検索結果をどのように見ているのか」という研究の引用に「検索結果の見方は6種類に大別できて、それを共通アルゴリズムで説明できるのでは?」という話を聞いて、目からウロコでした。

さて、私の発表に登場した技術たちについて、如何せん古い内容でしたので、よくわからなかったという方もいらっしゃるかと思います。そこで、雑な内容ではありますが、このエントリで少し補足をしておきます。

Catalyst

Catalystは、2005年後半~2008年ころにかけて流行したPerlのWeb App Frameworkです。

現在でもメンテナンスが継続されており、ルーティングに独自のルールがあることが特徴の一つと言えるでしょう。

gearman

gearmanはPerl製のジョブシステムです。job clientからgearmandと呼ばれるデーモンにキューを渡すと、perlのwhileループを軸に組まれたworkerプロセスに対して処理を委譲することができます。

動作が軽量なのですが、workerプロセスがダウンした際、処理途中の内容が全部揮発してしまうのが難点でした。

TheSchwartz

TheSchwartzもPerl製のジョブシステムですが、その構成にMySQLが必要となり、ジョブそのものの堅牢性をMySQLに委ねることで、gearmanのような途中処理の揮発という問題が起こりづらいとされていました。

現在は@akiym氏によってメンテナンスされているようです。

UltraMonkey L7

UltraMonkey L7は、Linuxなどにインストールして利用するタイプの、オープンソースのソフトウェアロードバランサーです。

名前に含まれている通り、OSI参照レイヤのレイヤ7プロトコル(HTTPなど)に対するルールを設定できる、大変貴重なソフトウェアロードバランサとなります。

heartbeat

heartbeatは、Linux/HAプロジェクトの成果物の一つで、IPアドレスの冗長化構成を行うソフトウェアです。

これのおかげでロードバランサーやルータを多重化することができました。

iptables

Linuxカーネルに組み込まれたパケットフィルターです。よくある用途としてはファイアウォールとしての利用でしょうけど、最近ですとdockerが内部的にexposeのために利用しているようです。