WEB+DB PRESS Vol.109 に寄稿させていただきました

Spread the love

WEB+DB PRESS Vol.109

紹介

WEB+DB PRESSVol.109(技術評論社:gihyoより2月23日発売予定)のPerl Hackers HubコーナーにサーバレスでもPerlというテーマで寄稿させていただきました。

ぜひお買い求めください!

Perl Hackers Hub – Perl Hacker達による旬の技術の紹介

Perl Hackers HubとはWEB+DB PRESS誌内の連載のひとつであり、Perl Hacker自身が筆を執り旬の技術を紹介するというものです。

gihyoさんのPerl Hackers Hubのページには、Perl Hackers Hubについて以下のような説明がついています。

本連載は,第一線のPerlハッカーが回替わりで,Perlの旬な技術について解説していきます。

記事概要

Microsoft Azure Functionsを使ってPerlスクリプトを実行します。スクリプトの内容は、「画像URLを与えると、画像の顔認識結果(年齢と性別)をJSON形式で返すWeb API」です。

サンプルコードとして、Azure上に環境とプログラムを全自動でデプロイしてくれるスクリプトを収録してあります。Azureアカウントがあれば、最初の無料枠で試せる範囲の内容となりますので、ぜひともお試しください。

謝辞

この度機会を与えてくださった@songmuさん、Perl Hackers Hubコアメンバーの皆さん、そして一緒に原稿の仕上げをしていただいた@inaoさん、本当にありがとうございました。

特に@inaoさんには度々ご迷惑を掛けてしまったにもかかわらず、辛抱強く対応してくださいました。感謝しきりです。

また、Azureについて深く言及した内容の記事はWEB+DB PRESS誌上では初めてだそうです(本当ですか?)。私も驚きました。正直な話、流石にAzureについては過去に誰か書いているだろうと思っていたのですが…意外なところで「誌上初」だったんですね。

ともかく私としては、今回の記事がPerl Hackers Hubというコーナーを通じて、様々な技術に触れるきっかけを読者の皆様に作ることができたらいいな、と思っています。