Azure Functions v1 + Node.jsなアプリケーションをAzure Functions v2に移行してみる話

Spread the love

このエントリはServerless2 Advent Calendar 2018の17日目のエントリとなります。

半月ほど前業務で、稼働中のAzure Functions v1 + Node.jsなアプリケーションをAzure Functions v2に移行する作業を行いました。

その際、今後も似たような移行作業があり得そうだと考え、この作業をざっくりこなしてくれるスクリプトを作りました。それがytnobody/azure-func-migrate-nodeです。ちなみにPerl製ではなくNode.js製です。

如何せんやっつけで作ったスクリプトですので、漏れ・抜けなどはあるかもしれませんが、お手すきの際にでもpull-reqしてくださると幸甚です。

移行のために最低限必要な処理

大きく分けて、以下の作業が必要となります

  • bindingsに対応したextensionsをインストールする
  • ランタイムバージョンを2.0に設定する

bindingsに対応したextensionsをインストールする

実際のextensionsインストール作業はfunc extensions installに委譲しているのですが、これまでv1で使っていたbindingsに相対するv2 extensionsを検出するロジックは作成しました。

なお、v1では"type": "documntDB"と指定していた箇所は"type": "cosmosDB"に変更する必要がありますので、その対応も行っています。

ランタイムバージョンを2.0に設定する

これもロジックを作りました。

まとめ

ざっくりと移行スクリプトを作りましたので、公開しました。が、だいぶやっつけで作ってありますので、適宜pull-reqをしてくださると幸甚です。