Perlで替え歌エンジンをつくる

※当エントリはPerl入学式 Advent Calendar 2016の第23日目のエントリです。

どーも、わいとんです。

皆さん、明日はクリスマスイブですね。ところで皆さんはカラオケは好きですか?そうでもない?では替え歌ならどうでしょうか?愉快な替え歌なら、ワクワクすると思います。

今日はそんな替え歌を、自動で作ってくれるスクリプトをPerlでつくってみました。

すでに上の画像の時点でネタばれなのですが、クリスマスソングとしておなじみの「赤鼻のトナカイ」の歌いだしの部分を、いい感じに悲壮感漂う風味に仕上がるようにちょっとだけ頑張りました。

と言っても、そんなに難しいことはしておらず、Perl入学式の卒業生であれば、比較的かんたんにつくれる程度のものです。

ソースコードをgistに公開していますので、何をやっているのか見てみると、参考になるかもしれません。

さすがに何の解説もないと理解に苦しむ個所もあろうかと思いますので、少しだけ解説。

動作概説

やってることをかいつまんでしまうと、以下のような手順になります。

  1. 替え歌のもとになる歌詞を形態素解析APIに投げ込み、結果をうけとる。
  2. 受け取った結果データをJSONからハッシュリファレンスに変換する。
  3. 2のデータから一般名詞だけを一定確率で別の単語にランダムで置き換える。
  4. 3のデータをぜんぶjoinしてprintfで出力する。

なお1のAPIは、わいとんお手製のAPIとなっています。いつまでも残しておく保証はないですが、ちょっと遊ぶくらいには使っていただいて構いません。

課題

Perl入学式の受講生ならびに卒業生の皆さんには、思い思いの改造を施して、あなたのオリジナルの替え歌エンジンを作ってみてください。