書評 Azureテクノロジ入門2018

Spread the love

遅ればせながら、新年おめでとうございます。

さて、昨年末にAzureの風雲児であるところの@myfinder氏より献本いただきました。改めてお礼申し上げます。ありがとうございます。

本書について

2016年11月に出版されたAzureテクノロジ入門2016の改訂版となります。

もともとAzure関連の技術書は数少ないのですが、本書はその中でも入門者・初学者向けの位置付けとして発売されています。索引まで含めて233ページとなっており、定価は2500円と、技術書としてはかなり安価です。

著者陣はほぼ日本マイクロソフトの現任エバンジェリストやアーキテクトなどで占められており、マイクロソフトがいかにAzureというプロダクトを重要視しているかがわかります。

本書の目次

  1. Azureの基本と全体像
  2. AzureのインフラとIaaS ~ 仮想マシン、ストレージ、ネットワーク
  3. データベースと分析サービス
  4. 開発者のためのPaaS ~ Azure App ServicesとAzure Functions
  5. アイデンティティ管理と認証・認可
  6. 地上に広がるハイブリッドクラウド ~ Azure Stack

書評

表紙に「Azureを知るための最初の1冊!」「さらに進化したAzure全体像がよくわかる!」と書かれているのですが、まさにその通りの内容です。

そこそこAzureを使っている立場からすると、2章と5章は順序が逆でもいいかもしれないな、と感じました。AzureにおいてはそのくらいにID管理(Azure Active Directory 通称Azure AD, AAD)が肝となりますし、IaaSについてはAzureのPaaS/SaaSについて理解してからフォーカスするくらいでも遅くないと思います。

とはいえ、各章は初学者にもわかりやすいよう図解が多く用いられており、概念を理解する上で非常に心強い一助となることでしょう。すべて通読する必要はなく、手始めに利用する予定のあるサービスに応じて、必要な個所だけピックアップして読むのがおすすめです。ある程度ユースケースをカバーできたら、今度は通読してAzureの可能性をもっと広く学習することができます。

また、ある程度熟練した向きにとっても、次に利用する予定のAzureサービスについて手早く把握しておきたい場合に、辞書のように利用できることでしょう。というのも、本書では各章の要所要所にオンラインドキュメントのURLが記載されており、細かい部分についてはそちらで補完するような構成となっているためです。

あらゆることを正確に記憶しておける人間は稀です。本書は、Azureに関する知の高速道路を読者に提供してくれることでしょう。そして忘れかけたAzureの知見を改めて引き出す際にも十分に価値を発揮してくれると思います。