Azure Functionsの関数実行時にエラーとなった場合のとりあえずの処置方法

Spread the love

今朝、南関テイオーの予想配信関数が実行失敗しており、その復旧作業を行いました。本エントリではその一部始終をまとめてみました。

原因を確認する

南関テイオーの予想配信関数は7:10(JST)に起動するようにTimer Triggerが設定されています。

Azure Functionsでは、関数ごとに「モニター」という項目があり、そこで実行ログを閲覧することができます。

まず実行ログになんらかの異常が吐き出されているだろうということで確認してみたところ、案の定、予想配信関数の実行時に、以下のようなエラーが出ていました。

Exception while executing function: Functions.getRace
Microsoft.Azure.WebJobs.Host.FunctionInvocationException : Exception while executing function: Functions.getRace ---> System.ApplicationException :       0 [unknown (0xFB4)] bash 4924 D:Program Files (x86)Gitbin..usrbinbash.exe: *** fatal error - Couldn't set directory to \?PIPE temporarily.
Cannot continue.

   at async Microsoft.Azure.WebJobs.Script.Description.ScriptFunctionInvoker.ExecuteScriptAsync(String path,String arguments,Object[] invocationParameters,FunctionInvocationContext context) at C:projectsazure-webjobs-sdk-scriptsrcWebJobs.ScriptDescriptionScriptScriptFunctionInvoker.cs : 114
   at async Microsoft.Azure.WebJobs.Script.Description.ScriptFunctionInvoker.InvokeCore(Object[] parameters,FunctionInvocationContext context) at C:projectsazure-webjobs-sdk-scriptsrcWebJobs.ScriptDescriptionScriptScriptFunctionInvoker.cs : 64
   at async Microsoft.Azure.WebJobs.Script.Description.FunctionInvokerBase.Invoke(Object[] parameters) at C:projectsazure-webjobs-sdk-scriptsrcWebJobs.ScriptDescriptionFunctionInvokerBase.cs : 95
   at async Microsoft.Azure.WebJobs.Host.Executors.VoidTaskMethodInvoker`2.InvokeAsync[TReflected,TReturnType](TReflected instance,Object[] arguments)
   at async Microsoft.Azure.WebJobs.Host.Executors.FunctionInvoker`2.InvokeAsync[TReflected,TReturnValue](Object instance,Object[] arguments)
   at async Microsoft.Azure.WebJobs.Host.Executors.FunctionExecutor.InvokeAsync(IFunctionInvoker invoker,ParameterHelper parameterHelper,CancellationTokenSource timeoutTokenSource,CancellationTokenSource functionCancellationTokenSource,Boolean throwOnTimeout,TimeSpan timerInterval,IFunctionInstance instance)
   at async Microsoft.Azure.WebJobs.Host.Executors.FunctionExecutor.ExecuteWithWatchersAsync(IFunctionInstance instance,ParameterHelper parameterHelper,TraceWriter traceWriter,CancellationTokenSource functionCancellationTokenSource)
   at async Microsoft.Azure…

予測

ひとまずリトライを何度か試してみたところ、全て同じ現象が発生。これは以前サポートに相談した時と同様にリソース枯渇が原因なのではないか?と予想。

復旧手順

復旧までの手順は以下の通りとなり、今回は無事に復旧することができました。

  1. 新しいFunctions Appリソースを作成する(今回はリージョンの問題ではないので同一リージョンでOKだった)
  2. アプリケーション設定(環境変数)を新しいFunctions Appリソースにコピペする
  3. 従来のFunctions Appリソースを停止する(重複起動を防ぐ)
  4. 新しいFunctions App側でデプロイオプションを設定する(ここで関数のソースコードがデプロイされる)
  5. 関数を実行する

特に4の手順が実行できるよう、bitbucketなどを利用してgitレポジトリ連携をしておくことが、手早い復旧をする上で肝要と言えます。

まとめ

Functions App(特に従量課金プラン)においては、リソース枯渇による関数実行の失敗がありえます。これはクラウドサービスを活用する以上、付いて回る類の問題と言えるのではないでしょうか。

そのような問題を乗り越えるためには、最初から「壊れてもすぐ直せる」ようにシステムを作っておくことが大事だと考えます。