Azure Functions CosmosDB input bindingsを使う上でのコツ – バインド変数編

Spread the love

さて、今度はバインド変数に関する躓きを共有します。

クエリエクスプローラとFunctions経由との間でクエリの結果が異なる???

例えば以下のようなクエリをCosmosDBに投げるとします。

SELECT c.id FROM c WHERE CEILING(c.age / 10) * 10 = 30

クエリエクスプローラでは以下のような結果が得られました。

[
    {
        "id": "user-123"
    },
    {
        "id": "user-124"
    },
    {
        "id": "user-133"
    }
]

今度はクエリの30に当たる箇所を{generation}として、sqlQueryに設定します。

SELECT c.id FROM c WHERE CEILING(c.age / 10) * 10 = {generation}

こんな感じですね。そしてFunctions側でQueue Storageトリガーを使って以下のようなジョブを受け取ります。

{"generation": 30}

この時、Functionsで受け取れるCosmosDB inout bindingsの結果は以下のようなものとなります。

[]

すっからかんですね。。。一体どういうことでしょう。

理由

初めて知った時には非常に驚きましたが、どうやら各bindingsにわたってくる値は文字列としてキャストされてしまうっぽいということです。

本当は以下のように展開してほしいのですが。。。

SELECT c.id FROM c WHERE CEILING(c.age / 10) * 10 = 30

こんな感じになってしまうということです。

SELECT c.id FROM c WHERE CEILING(c.age / 10) * 10 = "30"

これは厄介ですね。。。。

対処

これを回避するには、クエリの方で強制的に数値に置き換えてやればよいのですが、CosmosDBのビルトイン関数には数値へのキャストをしてくれるものがありません。

そこで登場するのがユーザ定義関数(User Defined Function/UDF)です。

CosmosDBでは、javascriptを使ってユーザが関数を定義することができるのです。

CosmosDBのブレードにあるスクリプトエクスプローラというメニューから、UDFの定義ができます。

UDF開発画面

上記画像のような関数を定義してやり、sqlQuery側を以下のように変更すると、無事に期待した結果が得られます。

SELECT c.id FROM c WHERE CEILING(c.age / 10) * 10 = udf.ConvertToNumber({generation})

このほか、時刻にまつわる関数などもCosmosDBにはビルトインでは存在しませんが、このようなUDFを作って対応することが可能です。

CosmosDBのUDFは非常に強力な機能ですので、是非とも有効に活用していきたいものですね。

元ネタ:https://stackoverflow.com/questions/44916811/difference-among-the-azure-cosmosdb-query-explorers-results-and-the-azure-funct/44918767#44918767