Azure Functions CosmosDB input bindingsを使う上でのコツ – 余剰演算子編

Spread the love

先日あたりからAzure FunctionsのCosmosDB input bindingsを使っていて、いくつかはまりどころのような挙動に出くわしましたので、その説明と対処法を紹介していきます。

sqlQueryで剰余演算子(Modulation Symbol)がそのまま使えない

例えば以下のようなQueryをCosmosDBに投げるとします。

SELECT c.id FROM c WHERE c.level % 20

このクエリを直接クエリエクスプローラで実行する場合、期待する結果が得られます。

ところがこのクエリをAzure FunctionsのCosmosDB input bindingsにsqlQueryとして指定した場合、以下のようなエラーがでてしまい、期待した動作をしません。

2017-07-05T16:45:43.113 Exception while executing function: Functions.MyFunction. Microsoft.Azure.WebJobs.Host: The '%' at position 34 does not have a closing '%'.

理由

実はsqlQueryの仕様として、%というのはアプリケーション設定の値を参照するために使う記号でして、%myappSetting%のような感じで使うものだったんですね。

そのため、単独で%が登場すること自体があってはならない、と、そういうことが理由となっています。

対処

対処法の一つとして、アプリケーション設定値に%を設定して、それを使えばよい、というものがあります。

アプリケーション設定から値を設定する

上記画像のように、例えばmodulationsymbolというアプリケーション設定値を定義しておき、sqlQuery側では以下のように%%modulationsymbol%に置き換えることで、期待通りの結果を得ることができます。

SELECT c.id FROM c WHERE c.level %modulationsymbol% 20

あまりカッコよくはないですが、致し方がない感じはしますね。

元ネタ:https://stackoverflow.com/questions/44903632/sqlquery-of-documentdb-input-bindings-with-modulation-symbol-makes-functions-fa